電話

+123-456-7890

メール

mail@domain.com

営業時間

Mon - Fri: 7AM - 7PM

キャリアドバイスキャリアプランシニア定年
2023年05月31日
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?\’http\’:\’https\’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+\’://platform.twitter.com/widgets.js\’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, \’script\’, \’twitter-wjs\’);

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

少し前までは60歳が定年退職の年齢でしたが、今はさらに歳を重ねても働ける環境になってきています。

定年退職後のキャリアも考えていく時代になっているのではないでしょうか。

今回はシニアのキャリアを成功させるためのキャリアプランや働き方、キャリア成功のアドバイスをまとめてお届けします。

目次
  • シニアを取り巻く仕事の環境
  • シニアのキャリアプランとは
  • シニアがキャリアアップするための働き方
  • シニアのキャリア成功のためのアドバイス
  • まとめ

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。

こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

table.afi_cta_list {width: 680px;border-width: 1px;border-collapse: collapse;border-color: #888888;}
table.afi_cta_list tr {background-color: #464545;margin: 0 0 0 0;}
table.afi_cta_list th,table.afi_cta_list td {background-color: #ffffff;font-size: 13px;margin: 0 0 0 0;position: relative;}
table.afi_cta_list th {display: table-cell;background-color: #1a76d2;text-align: center;color: #ffffff;}
table.afi_cta_list td {display: table-cell;color: #3f3e3e;}
table.afi_cta_list td img {width: 120px;}
table.afi_cta_list td a p {font-size: 13px;}
table.afi_cta_list td a:link,table.afi_cta_list td a:visited,table.afi_cta_list td a:hover,table.afi_cta_list td a:active {color: #37518f;}
table.afi_cta_list td p {margin: 3 0;}
table.afi_cta_list td ul {padding: 20px 5px 20px 25px;margin: 0 0 0 0;}
table.afi_cta_list td.center {text-align: center;}
table.afi_cta_list th.logo,table.afi_cta_list td.logo {width: 140px;text-align: center;}
table.afi_cta_list th.recommend,table.afi_cta_list td.recommend {width: 140px;text-align: center;}
table.afi_cta_list th.feature,table.afi_cta_list td.feature {width: 397px;}
@media screen and (max-width: 768px) {
table.afi_cta_list { width: 100%;}
table.afi_cta_list th.logo,table.afi_cta_list td.logo { width: 29%; text-align: center;}
table.afi_cta_list th.recommend,table.afi_cta_list td.recommend { width: 29%; text-align: center;}
table.afi_cta_list th.feature,table.afi_cta_list td.feature { width: 40%;}
}

シニアを取り巻く仕事の環境

シニアになっても働く上で、自分を取り巻いている環境を知っておくことは大切です。

まずは周囲の環境から見ていきましょう。

◆平均寿命が伸び続けている
日本人の平均寿命は年々伸びています。

厚生労働省の「簡易生命表(令和3年)」によると、日本人の平均寿命の推移は下記のようになっています。

《日本人の平均寿命の推移》
1955年:男性63.60歳、女性67.75歳
1990年:男性75.92歳、女性81.90歳
2021年:男性81.47歳、女性87.57歳

男女ともに平均寿命は延びており、これまで主流だった「60歳定年」という生き方が完全に崩れていると言えます。

平均寿命が延びている要因としては、医学の進歩や生活環境の整備などがあるでしょう。

60歳で定年退職したとしても、ゆっくり余生を過ごす人は少なく、70歳や80歳になっても働き続けるキャリア設計が必要になってくると言えます。

◆人口減少やAIの発達が著しい
平均寿命が延びているものの、人口減少は下降の一途を辿っています。

2050年には日本の人口は1億人を下回り、2100年には4700万人程度にまで減少すると言われているのが現状です。

特に「生産年齢人口」と呼ばれる15歳~64歳の現役世代の減少が著しく、人口減少に伴った市場規模の縮小は避けられないでしょう。

市場規模が小さくなれば、若手はもちろんシニア世代が働く場も減少してしまいます。

さらにAIの技術の発達で、これまでのホワイトカラーの仕事は淘汰されていくでしょう。

今まで以上にシニア世代が活躍する場は厳しいものになるかもしれません。

シニアのキャリアプランとは

シニアにとって、60歳以降はセカンドキャリアです。

60歳を過ぎて、どんな風に働き、どんなキャリアを形成するか、早めに考えておく必要があります。

セカンドキャリアにどんな選択肢があるのかなど見ていきましょう。

◆セカンドキャリアを考えているシニアは多い
少し前の日本では、定年後の人たちは退職金をもらい、年金を受給して悠々自適な生活を送れたというイメージがあります。

しかし退職金の平均金額はここ15年ほどで約1000万円下がっており、年金受給年齢も段階的に引き上げられているのが現状です。

また最近では退職金制度そのものを設けていない企業も増えており、退職後にまとまった資金を得ることができない場合もあります。

退職するまでに老後の資金を自分で用意しておく必要もあるということです。

さらに今後年金の減額もないとは言えない中、働くか働かないかのどちらかではなく、働かなくてはいけないという人が増えていると言えます。

◆セカンドキャリアを目指すべきか
60代のシニア世代は心も体も健康で、就業意欲は年々高まっており、年金制度改正法の施行後は、また働く人が増えるでしょう。

セカンドキャリアを考えるなら、定年の5~10年前の50代くらいから備えておくのがおすすめです。

現職で雇用形態を変えて働き続けるのか、別の会社に転職するのか、まったく新しい職種にチャレンジするのか、セカンドキャリアの方向性で学んでおく知識や取得するべき資格は異なります。

今までに培った人脈を活かして、次の就職先を探してみるのも良いでしょう。

◆セカンドキャリアの仕事探し
定年後に働き続ける人は増えているものの、まだまだシニア世代の求人は少ないのが現状です。

仕事探しの難易度も高く、採用がなかなかもらえないのではないかというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし実際には、シニア層に特化した人材会社が増加傾向にあり、自治体によっては就職相談で地元企業とつなげてくれるところもあります。

セカンドキャリアの仕事を探す方法は、年々整っていっていると言えるでしょう。

◆未経験分野のセカンドキャリアもあり
今までのキャリアで培ったスキルを活かし、新たな職場で活躍しようと考える人は多いでしょう。

しかし、現役世代と違って、今までのキャリアを活かして働くのと、新しい分野にチャレンジするのと、実は大差がありません。

今までの仕事や知識にとらわれ過ぎず、気持ちを切り替えて新しい仕事や知識を習得できる人は、キャリアチェンジに成功しやすいでしょう。

◆再雇用や業務委託という選択もある
年齢が高くなれば高くなるほど、再就職は難しくなります。

条件は悪くなりますが、再雇用でスキルアップを目指したり、新たな人脈を構築して次のキャリアを考えたりする機会もあるかもしれません。

また、一定の年齢を超えた社員と業務委託契約を結び、その人に合った業務を委託する仕組みもあります。

業務委託なら企業のコストの負担も減り、働く人も通勤などの負担を減らすことができ、双方にとって長く良好な関係を築くことができるでしょう。

◆スキルがあるなら起業というキャリアプランも
近年では、労働環境の改善で残業時間が減り、プライベートが充実したものの収入が減ってしまったという社員が増えています。

そこで多くの企業が副業や複業を認め、実際に副業の仕事が増えていると言えるでしょう。

もし何らかのスキルや資格があれば、起業するというキャリアプランも検討してみてはいかがでしょうか。

自治体などが開催している起業セミナーを受講したり、民間でも安く起業までのアドバイスを受けたりすることができます。

知人に起業している人がいれば、事業内容などを含めて相談してみるのも良いでしょう。

シニアがキャリアアップするための働き方

シニアが今後、キャリアアップするためには、事前の準備や考え方、働き方が重要になります。

ここでは、キャリアアップするためのアドバイスを紹介します。

◆シニアでキャリアップするなら準備が重要
これからは70代になっても現役で働くのが当たり前という時代になるでしょう。

しかし60歳以降もそれまでと同じ待遇や条件で働ける職場は、まだまだ少ないのが現状です。

そこで、転職を前提としたキャリアの構築が必要になります。

マネジメント経験を活かしてプレイングマネージャーとして活躍するという方向性も視野に入れてセカンドキャリアを検討してみてください。

◆テレワークを前提とした働き方を考える
最近導入している企業も増えている、テレワークでできる仕事に就くことができれば、長く働くことができるでしょう。

通勤や取引先への訪問といった移動に伴う体力的な負担がなく、自宅で仕事をすることができます。

日頃から意識して体力づくりをしていない限り、40代・50代から急激に体力は衰えてしまうでしょう。

60代や70代ともなれば、それはもっと顕著に表れます。

ただしテレワークをするということは、パソコンやネットワーク環境などを自分で整える必要があり、機械に疎い、ネットワークなどはやったことがないという人には難しいかもしれません。

◆待遇よりもやりがいを重視した働き方に
給与や福利厚生、雇用形態など、待遇を求めすぎるとなかなか採用につながらないかもしれません。

待遇よりも、やりがいを重視した方が、スムーズにキャリアアップができるでしょう。

セカンドキャリアでは、再雇用にしろ再就職にしろ、給与や待遇はこれまでよりもダウンすると覚悟しておいてください。

それは現役世代の転職でも同じです。

一度は待遇が低くなったとしても、自分の力を発揮できる環境で働くことができれば収入アップや待遇改善につながる可能性はあります。

またやりがいを重視した方が、仕事を長く続けられるでしょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。

こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

table.afi_cta_list {width: 680px;border-width: 1px;border-collapse: collapse;border-color: #888888;}
table.afi_cta_list tr {background-color: #464545;margin: 0 0 0 0;}
table.afi_cta_list th,table.afi_cta_list td {background-color: #ffffff;font-size: 13px;margin: 0 0 0 0;position: relative;}
table.afi_cta_list th {display: table-cell;background-color: #1a76d2;text-align: center;color: #ffffff;}
table.afi_cta_list td {display: table-cell;color: #3f3e3e;}
table.afi_cta_list td img {width: 120px;}
table.afi_cta_list td a p {font-size: 13px;}
table.afi_cta_list td a:link,table.afi_cta_list td a:visited,table.afi_cta_list td a:hover,table.afi_cta_list td a:active {color: #37518f;}
table.afi_cta_list td p {margin: 3 0;}
table.afi_cta_list td ul {padding: 20px 5px 20px 25px;margin: 0 0 0 0;}
table.afi_cta_list td.center {text-align: center;}
table.afi_cta_list th.logo,table.afi_cta_list td.logo {width: 140px;text-align: center;}
table.afi_cta_list th.recommend,table.afi_cta_list td.recommend {width: 140px;text-align: center;}
table.afi_cta_list th.feature,table.afi_cta_list td.feature {width: 397px;}
@media screen and (max-width: 768px) {
table.afi_cta_list { width: 100%;}
table.afi_cta_list th.logo,table.afi_cta_list td.logo { width: 29%; text-align: center;}
table.afi_cta_list th.recommend,table.afi_cta_list td.recommend { width: 29%; text-align: center;}
table.afi_cta_list th.feature,table.afi_cta_list td.feature { width: 40%;}
}

シニアのキャリア成功のためのアドバイス

次に、シニアになってセカンドキャリアを構築するためのアドバイスを紹介していきます。

◆シニアに期待される役割を理解する
定年退職して、今までの仕事が続けられなくなっても、いつでも仕事に就くことができるように準備しておく必要があります。

それは、若手世代よりも求められる期待値は高くなるからです。

高い専門知識やスキルはもちろん、マネジメント経験なども必須条件となるでしょう。

社会情勢や市場動向なども見据えた広い視野と、若手世代にスキルやノウハウを継承していく意識も求められるかもしれません。

シニアに期待される役割を把握することでセカンドキャリアを築くことができます。

◆ゴールを設定しやるべきことを逆算する
セカンドキャリアをスムーズに進めるためには、明確なゴールを設定することが必要です。

ゴールが曖昧になってしまうと、途中で何が必要なのかわからなくなったり、方向性がぶれたりする可能性があります。

ゴールを設定し、そこから逆算して、今何をするべきなのかを把握することでセカンドキャリアを成功することができるでしょう。

最終的なゴールの前に、いくつかの段階を経ることが必ず必要です。

焦らず、自分が定めたゴールに向かって進んでください。

◆シニアはキャリアを諦めないことが大切
転職活動などがうまく進まなくても、自分のキャリアアップの可能性を強く信じることが大切です。

自分が自分のことを信じていなければ、あなたを信じてくれる人はいません。

誰でも年齢を重ねると、それまでの失敗の経験から保守的になってしまい、チャレンジする意欲が低くなってしまいます。

しかしシニア世代なら現役世代と比べて、扶養する家族も少なくなっているため、少し失敗したとしてもやり直せばいいだけのことなのです。

なりたい自分に必要なことを明確にしてクリアしていくことで、セカンドキャリアの成功に近づくことができるでしょう。

妥協せず、諦めない強い気持ちを持つことが成功のカギになります。

まとめ

これから増えていくシニア世代のセカンドキャリアは、その選択肢も増えていく可能性があります。

しかし年齢的なハードルがあることは理解しておかなければいけません。

早めにセカンドキャリアを考え、どんな方向に進みたいのか、そのためには何が必要かを把握し、準備を怠らないことが大切です。

自分のキャリアを信じてゴールに向かって進んでいく、信念を持っていれば、セカンドキャリアを成功させることができるでしょう。

年収

40代からの転職サイト
「FROM40」では、
約30,000件の求人があります!
あなたに合った求人を探す

40代・50代のミドルシニア転職求人に関連するキーワードで掲載求人を探す

40代・50代 東京 営業 |40代・50代 大阪 営業 |40代・50代 東京 事務 |40代・50代 東京 飲食 |40代・50代 東京 エンジニア |40代・50代 神奈川 エンジニア |40代・50代 東京 経理 |40代・50代 東京 施工管理 |40代・50代 大阪 飲食 |40代・50代 大阪 エンジニア

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です